KOHKO's Blog for Japan  −Beauty/Fashion/Art  from New York−

ニューヨーク在住 メイクアップアーティストKOHKO's ブログ 美容/ファッション/アート

October 22, 2017

ニューヨークの出身で、80〜90年代にの代表的なポップクイーンであり、ファッションアイコンでもあるシンディ・ローパー(Cyndi Lauper)。

 

出典:VOGUE

80年代後半生まれの私は、リアルタイムでシンディの活躍こそ見てはいないが、大ヒットしたデビュー曲の『ガールズ・ジャスト・ワナ・ハブ・ファン(Girls Just Want to Have Fun)』のミュージックビデオは、今の時代に見てもすっごくかっこいい!

黒系小物で全体を引き締めた膝丈のピンクドレスに、ジャラ付けしたチェーンアクセを震わせて、踊りながら朝帰りをするシ...

October 20, 2017

今年度のCFDA Founders Awardに選ばれた後に、英Vogueのビューティーエディター アット ラージに就任した、ランウェイにはかかせない最も影響力のあるメイクアップアーティスト、Pat McGrath(パット・マグラス)。

これまでにも自身のブランドから数々のクリエイティビティ溢れるヒットコスメを展開して来た。

中でもアメリカの美容雑誌アルーア(Allure)で、今年度のベスト・オブ・ビューティーアワードに選ばれたマットタイプのリップスティック ”Elson" はすごく優秀。

絶妙な割合の青みが入ったブライトレッド...

October 17, 2017

ニューヨークのミッドタウンとソーホー地区の2ヶ所に位置するアートギャラリー、『エデン・ファイン・アート(Eden Fine Art )』

ウィンドウ越しに見えるカラフルな展示物がひと際目立つこのギャラリーに、見ているだけでハッピーな気分になれる色鮮やかなスカルプチャーアートを作り出す、”David Kracov"の作品が展示されている。

ボストン生まれのデイビッドは、アニメーションのキャリアに始まり、ウォルトディズニー社のイラストレーターとして13年以上働くと同時に、様々なタイプの粘土を利用したアニメキャラクターの彫刻しを始める。

そこか...

October 12, 2017

10月も、もうすぐ後半に差し掛かる。

あと1ヶ月半もすれば、アメリカではクリスマスカードの時期。

日本の年賀状のように、アメリカではクリスマスカードを送る習慣があるが、実はクリスマス以外でも何かとグリーティングカードを送り合う場面が多いのだ。

誕生日はもちろんのこと、記念日、バレンタイン、結婚や出産等のお祝い事、感謝に気持ちを伝えるなど、イベントの際にはカードを送るのがマスト。

大切な相手に送るからこそ、特別なカードを選びたい。

今回は、そんな時にとっても活躍しそうな、ニューヨークにあるおしゃれでかわいいクラフトショップをご紹介。

VERRIE...

October 11, 2017

レッドリップはいつの時代でも、どの季節でも欠かせない特別なもの。

メイクアップをする上で、もし何か一つを使って180度違う自分を演出するならば、レッドリップは間違いなく重要なアイテムとなるはず。

ただ、インパクトが強い分、自分に似合った”赤”を選ぶことが大切。

”赤”と一口に言っても様々な色の”赤”がある。

ポイントは、自分の好みではなく肌の色にあったものを選ぶこと。

自分に似合ったレッドリップを見つけることにより、肌馴染みが良い分、普段使いにも取り入れやすくなる。

また、同じ色でも塗り方によって印象をぐっと変えることが出来き、シーンによって使...

October 4, 2017

前々回に更新した、海外メイクアップトレンドの記事に引き続き、今回はこの秋冬の海外ヘアトレンド。2017−2018秋冬プレタポルテのランウェイで注目されたヘアとは。

1. ブラック リボン

ランウェイで多く見られたブラックリボン。ポニーテールに結んだり、ヘアバンド風にしたりと多様に使える上に、Tシャツ&ジーンズスタイルからカクテルドレスまで様々なファッションにも取り入れられる。シルクやベルベットなど、それぞれの素材を楽しむのも一つのポイントに。

出典:Harper's BAZAAR 

2. スリーク ポニーテール

美しくまとめあげ...

October 3, 2017

公開を待ち望んでいた、映画「セックスアンドザシティ3」の制作が中止になったと報道され、ファンの間で衝撃が走っている。

私もそのうちの一人。

主演のサラ・ジェシカ・パーカーは、「あれはもう終わり、やらないの。とても残念よ。美しくて、面白くて、胸が張り裂けそうだけど、喜びに満ちていて共感できる脚本とストーリーだったのに。」と。とても残念なのは、単にそのストーリーを伝えられなったことや映画を作る経験をできなかったことだけではなく、その映画を待ち望んでいたファンを思うと更にだと答えている。

取材されたウェブサイト「エクストラ」の動画はこちらから。

...

September 30, 2017

パリのファッションウィークも、もうすぐ終わりを迎える。

ニューヨークも夏の余韻がすっかりなくなり、ジャケットが手放せない季節になって来た。

ここからは冬に向けての乾燥対策である。

怠けグセのある私は、シャワーの後のボディクリームをサボらないために、本当にお気に入りのものを使うようにしている。

使うたびに毎回Happyな気分になれる大好きな香りのものを。

もともとローズ系の香りが好きで、ハンドクリームなどもローズのものよく使っていたのだが、これはその中でも特別だ。

LE LABO(ル・ラボ)というニューヨーク発のCoolなフレグランスのお店から出...

September 27, 2017

買い物中にふらっと立ち寄ったSephoraの入り口で、吸い込まれるように手にとったのが、日本では今月発売されたばかりのシャネルのフレグランス『ガブリエル シャネル』だった。

出典:CHANEL

シャネルの香水は自分の中で香りが強いイメージがあったため、今まであまり手に取るようなことはなかった。しかしこの、ごく繊細なガラスを用い、こだわり抜いて作られたと言われる美しいボトルと、さらにその期待を裏切らないピュアで上品なホワイトフラワーの香りに魅せられて、一瞬で虜になってしまった。

ガブリエルとはココ・シャネルの本名であり、このフレグランス...

September 25, 2017

最近、お気に入りの化粧下地に出会った。

自分でメイクをする時は、ファンデーションよりも化粧下地がメインのわたし。

ファンデーションやコンシーラーは、少量を目周りと小鼻の周りに使う程度。

なるべくナチュラルな仕上がりに見せたいのと、シンプルなプロセスが好きなため(自分のメイクアップは時間をかけずミニマムで済ませたい笑)、わたしにとっては化粧下地の方が重要なのだ。

化粧下地は優秀なものが多く、一つ自分の肌にあったお気に入りのものを持っていれば、ちょっとした外出はそれだけで済ませられたり、しっかりカバーで仕上げたい場合でもファンデーションのノリや...

Please reload

Feature

しっかり落としてつっぱらない!大自然のアリゾナから生まれたブランドphilosophyの優しい洗顔料『purity made simple(ピュリティ メイド シンプル)』

January 21, 2018

1/1
Please reload

Newest Articles 
Please reload

Archive
Please reload

Hashtag