しっかり落としてつっぱらない!大自然のアリゾナから生まれたブランドphilosophyの優しい洗顔料『purity made simple(ピュリティ メイド シンプル)』


アメリカでも定評のある洗顔料 philosophy(フィロソフィー)の『purity made simple(ピュリティメイド シンプル )』。名前の通り、メイクも落とせるワンステップのシンプルな洗顔料。

ナチュラルメイクはもちろん、しっかりメイクも落とせるのに洗い上がりのつっぱり感が全くない。乾燥気味の今の季節には特に嬉しい。

サンダルウッドやキャロット、セイジなどの12種類のエッセンシャルオイルから出来ていて、メイク落としならではの肌に負担をかける感じが全くなく、ノーメイクの日でも関係なく、朝晩使用出来る。

メイクだけでなく、蓄積した皮脂や、毛穴に詰まった汚れも溶かし出してくれる優れもの。

使い方は、顔を軽く濡らした後に、適量(しっかりメイクは少し多めに。)のミルキー状の洗顔料をなじませて軽くマッサージ。

その後ぬるま湯で乳化しながら洗い流すというもの。

初回はうまく使いこなせず、ピュリティの良さは全く掴めなかったのだが、2回目以降はコツをつかんだのか、人気の理由がわかった。

ポイントは最初の顔の濡らし加減だと思う。使用方法にも載っている用に、"軽く"顔を濡らすこと。濡らしすぎた状態で使うとすぐに乳化が始まって泡立ち始め、汚れを浮き上がらせる行程をスキップしてしまうし、逆に水分量が足りないと、こってりとした洗顔料が肌を滑らず汚れにも馴染まない。 私のやり方は、先ず手を濡らし、その濡れた手で顔を軽く濡らすというもの。程よい水分量で、ピュリティの使用効果が実感できる。

残念なことに、日本でのレビューはいいとは言えないようだ。コメント欄を見ると、泡立ちが悪いなど、使い方が間違っている?と思うようなものが目立った。確かに乳化の際に若干泡立つので、最初は泡立たせる洗顔料では?と勘違いして使ってしまう人もいるよう。(日本未進出ブランドなので、しっかりとした説明書きがないのか、正しい使用方法が知られていないのかも。) 実はこの“泡立って洗い流して終了”の過程が、最後に汚れをしっかり落とせている感じがして、個人的には好きなポイント。

最近、毛穴に詰まった汚れが 気になっていた私には、数日使い続けて違いを感じることが出来た。明らかに毛穴詰まりが目立たなくなっている。

肌に負担をかけずに、メイクや毛穴詰まりまでも優しくしっかり落としてくれるピュリティは今後の私の定番になりそう。

アメリカのウェブサイト

philosophy purity made simple

#フィロソフィー #ピュリティメイドシンプル #アリゾナ #洗顔料 #エッセンシャルエッセンシャルオイル #メイク落とし #ニューヨーク #メイクアップ #メイクアップアーティスト #メイクアップトレンド #最新美容 #美容 #purity #puritymadesimple #philosophy #NewYork #Beauty #BeautyBlog

特集記事
最新記事